RaspbianのrootパーティションをUUIDで記述する

Raspberry PiでUSBメモリを複数利用していると、意図しないタイミングでデバイス名(/dev/sda、/dev/sdb)が変わってしまうことがあります。

すると、USBメモリをルートパーティションとしている場合、/boot/cmdline.txtに記載しているデバイス名と一致せずシステムが起動しなくなることが多発したので、UUIDで指定する方法をまとめます。

※GPTパーティションでないので、GUID(PARTUUID)での記述ではうまく起動できませんでした。

《参考サイト》

“RaspbianのrootパーティションをUUIDで記述する” の続きを読む

Raspberry PiをSDメモリカード/USBメモリのデュアル運用

Raspberry Piのサイネージクライアントとしての運用を目指していましたが、ここで少しブレイク。

Raspberry Piは通常、SDメモリカードをすべてのファイルシステムとして動作させます。

今回手元に、使わなくなった128MBのSDメモリカードと4GBのUSBメモリがあったので、SDカードを/bootファイルシステム、USBメモリをrootファイルシステムとして利用することにしました。

今回は導入方法をレポートします。 “Raspberry PiをSDメモリカード/USBメモリのデュアル運用” の続きを読む