ノートパソコンのバッテリをUPSのように利用し、残量が設定以下になったら安全にシャットダウンする(acpid編)

ノート型パソコンにCentOSを導入してサーバのように扱っているが、UPSのようにバッテリがある残量を下回っても動き続けるため、不意なシャットダウンをする可能性がある。

ACPIが動作しているので、ここに一工夫して、安全にシャットダウンする仕組みを導入した。

参考サイト:改訂版: LinuxノートPC上でサスペンド/ハイバネーションする方法 2ページ | OSDN Magazine

“ノートパソコンのバッテリをUPSのように利用し、残量が設定以下になったら安全にシャットダウンする(acpid編)” の続きを読む

Sambaの導入

#yum install samba

#vi /etc/samba/smb.conf

pdbedit -a user