【VBScript】選択したファイルをbakフォルダへ最終更新日時を付加してコピー(バックアップ)する

ファイルと同じ階層にbakフォルダを作成し、最終更新日時をファイル名に付加してコピー(バックアップ)する

使用方法:本ソースファイルを「.vbs」にて保存。バックアップしたいファイルを本スクリプトへドラッグ&ドロップすると自動的に開始される。
筆者は、SendToメニューに追加し、[送る]メニューから利用している。

  • (2019.01.18) アーカイブファイルに読み取り専用属性を付加するよう機能追加