RAID1パーティションのディスクを拡張して容量を増やす(mdadm)

Raspberry PiのUSBメモリパーティション(RAID1)を、より容量の大きいUSBメモリに置き換え、ファイルシステムを拡張することにしたので、作業ログを公開。

作業の前提は、

  • sda1:今回追加するディスク
  • sdb1:既存アレイのディスク1(もともと容量が大きい)
  • sdc1:既存アレイのディスク2(もともと容量がsdb1より小さく、アレイの容量を引きずっていたほう)

まずは、現状の状態を確認

fdiskでパーティションを作成し、タイプを0xfd(Linux raid autodetect)へ変更

mdadmでRAID1アレイに新規追加

既存のRAID1アレイから片方のディスクを切り離し、アレイから削除

ミラーリングが終了するまで待機する。

ファイルシステムを拡張するまえに、RAIDディスクを拡張する

resyncが終わるまで待機する

最後にファイルシステムを拡張する。

最後に、mdadm.confを反映

当方環境では、initramfsの再構築まで実施して完了。