Raspberry PiでAirPlay

Raspberry PiをAirPlayのサーバーとして、iTunesから音楽再生させるTips

<参考サイト>

まずは、Raspberry Piから音が出力されることを確認します。

今回はRaspberry Pi Type Bなので、オンボードのステレオミニ端子から素直に出力することにします。

  1. サウンドドライバをロード、モジュールを確認します。
  2. オーディオの出力先を指定します。
    今回は、オンボードのステレオミニ端子なので、以下のようになります。
  3. 音量を調節します。あまり大きくなりすぎないように。
    上下キーで調節します。終了は[ESC]キー。
  4. テストトーンを出力し、音(ドの音が2秒程度)が出力されるか確認します。
  5. AirPlayをインストールします。