docomo Wi-Fi STATION N-01Jを格安SIM(MVNO契約)ではオススメできない理由

NTTドコモの2台目プラスで利用していたN-01Jをdocomo withに機種変更した件は前の記事で投稿したが、これをWi-Fiオフロード専用端末としてMVNO契約にすることを思いつき実際にやってみたが、オススメできない理由を残すことにする。 “docomo Wi-Fi STATION N-01Jを格安SIM(MVNO契約)ではオススメできない理由” の続きを読む

2台目プラスのモバイルルーターをdocomo withに機種変更する

dカードGOLDの年間利用特典として届いた機種変更クーポンを使い、これまで持っていたモバイルルーターを維持費削減のためにdocomo withに機種変更した。
ただ、ドコモオンラインショップで手続きできない少し特殊な契約状況だったので、手続きの内容をメモ程度に残すことにする。 “2台目プラスのモバイルルーターをdocomo withに機種変更する” の続きを読む

ReadyNAS 212を導入-その3 電源管理編(Linux[CentOS 6]クライアント)

Windowsクライアントの次は、自宅内のユーティリティをこなすLinuxサーバ(ここでは、ReadyNASがUPSサービスの事実上のサーバであることから、以降Linuxクライアントと表記する)を、NUT(Network UPS Tools)のスレーブとして動作させる設定をする。
参考URL:http://balfits.com/jpn/nutj/centos64_slave.html

ReadyNAS 212を導入-その2 電源管理編(Windowsクライアント)

NASを導入して真っ先に実施したのは電源管理。
いくらRAIDを組んで冗長化をはかっても、不慮の電源喪失でハードディスクを同時に破壊しようものなら、まったく意味をなさない。
ということで、これまでWindowsクライアントにUSB接続していたAPC ES500 UPSをReadyNASへ接続変更。
しかし、そのままではWindowsクライアントが保護できないので、ReadyNASのネットワークモニタリングを有効にし、Windowsクライアントはスレーブとして動作させる方法をとることに。
APC PowerChute Personal Editionに代わり、WinNUTへ置き換え。
参考URL:http://ascii.jp/elem/000/001/023/1023035/http://ukki.hateblo.jp/entry/2014/02/16/112338
ダウンロードサイト:https://code.google.com/archive/p/winnut/downloads “ReadyNAS 212を導入-その2 電源管理編(Windowsクライアント)” の続きを読む